2011年8月31日水曜日

『突合せ』とは

『テキストと過去問題集の突合せをしておきましょう』

ide社労士塾で良く使われる言葉です。
そもそも『突合せ』とはどういう意味なのか?

【デジタル大辞泉より引用】
つき‐あわせ 〔‐あはせ〕 【突(き)合(わ)せ】
二つのものを比べ合わせて調べること。照合すること。
「備品台帳と現物との―をする」
両者を対席させること。

似た言葉で言うと、『関連させる』でしょうか。
『突合せ』の作業はどういうものなのか説明します。
まず過去問題集の問題に該当する箇所をテキストから探す。
そして問題の論点を確認し、論点にラインマーカーを引く。

[例] ○の問題→赤色 / ×の問題→青色

更に×の問題にはどんな誤りの問題がでたのか
テキストの余白を利用して記入していく。
もちろん過去問題集だけでなく、中間模試最終模試
そして答案練習ゼミの問題も当然突合せしておく。
簡単そうに思えますが、これが地味でかなり大変。
大変だけど、テキスト読む際は出題箇所が一目瞭然。
直前期なんか、マーカーの箇所だけ読めば良いですから。

0 件のコメント:

コメントを投稿