2011年11月1日火曜日

【後半】京都旅行(2011/10/29~10/30)

30(日)、雨の予報でしたが、夜中に降った様子。
曇り空の朝イチから、二条城まで歩いて向かう。
途中、修学旅行の学生がワンサカいました。
彼ら彼女らはどこに行くのかな?

開門時間5分前に二条城に到着。
二条城入口前にはもうバスが6台停車中。
修学旅行等団体客は先に入城していました。
 
中にある庭園の一風景


紅葉へとなりつつある木々達。

7つの石が並べられています。
確か説明があったのですが、忘れてしまいました。

二条城に来た目的のひとつである
日本100名城スタンプラリー『二条城』をGET!!!

徳川将軍に外様大名、譜代大名が謁見する際、
謁見する大広間が異なっているのが面白いです。

1時間ほどで城内を見て回ることが出来ました。
スタンプも押せたので大満足です。

お次は京阪七条駅東へすぐにある
『三十三間堂』へ向かいます。
京都駅からでも十分歩いて行ける距離です。

大的大会が行われる場所より。
風神雷神や二十八部衆をはじめとした、
千手観音坐像や千体千手観音立像の仏像が
所狭しと配置されており圧巻の一言。
これらの仏像が配置されているので
地震対策は大丈夫なのか?と思いますが、
建物の基礎や建物自体には免震対策も行われております。
詳しくは現地で確認して下さいね。
余談ですが、お香の良い香りがして良かったです。
記念に買った御守です。


次は嫁のリクエストである京都国立博物館 
『細川家の至宝』を観てきました。
三十三間堂の真向かいにあります。

鎧、刀、茶碗、絵画、着物など多く展示されており、
全てを見て回るのに1時間半ほどかかるほどのボリューム。
目の保養の良い機会となりました。


まだ時間があるということで、京阪電車に乗り
京阪中書島駅近くの寺田屋に行きました。
 これはちょっと....
お龍さんが入っていたと言われるお風呂。
寺田屋事件の時、外が騒がしいので
ふと窓から覗いて異変に気づいたとのこと。
裏側にある階段を裸同然に駆け上がり、
龍馬に知らせて難を逃れたそうです。

帰りの新快速の中では夫婦共に深い眠りに...
自宅に戻ってすぐに嫁の実家へ。
可愛い黒柴犬のタロウに癒されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿